子役、キムソヒョンってどんな人?基本的プロフィール!性格は?

スポンサーリンク

ソヒョンは オーストラリアで生まれ、
2003年満3歳の頃韓国に帰国、3歳でデビューし、
数多くの作品に出演した名子役として有名となり、

女優の他にもMBC音楽番組『音楽中心』のMCを務めるなど、
多方面で活躍しています。

彼女は父親が早く亡くなった片親家庭の第一に、
母と1歳年下の弟と一緒に暮らしているそうです。

そんな、ソヒョンの今の身長や、
体重の基本的なプロフィールや、性格、
また今の役柄について調べて見ました!

子役ソヒョンの今のプロフィール

名 前: キム・ソヒョン (Kim SoHyun)
ハングル表記: 김소현
生年月日: 1999年 6月 4日(17歳)
身長/体重: 165cm, 0kg
職業: タレント、女優、子役
デビュー: 2008年ドラマ「伝説の故郷」
血液型: O型
干支(えと): うさぎ年
星座: ふたご座
韓国の所属事務所: サイダスHQ

三歳の頃から子役として出演してるそうで、
有名な子役さんだったみたい!

幼い頃の写真を見てみると、小さい頃から
顔立ちが整ってて小さい頃はやっぱり
ムチムチしてて少し顔がふっくらしていますよね!

ですが、今成長して昔の面影は
少しあるものの、だいぶ印象も、オーラも
大人に変わり、すごく大変身して
美人に成長しててびっくりしています!

すごくお綺麗ですね✨

出演ではどんな役が多いの??

『太陽を抱く月』のドラマでは、
(日本では2013年1月20日から6月23日までNHK BSプレミアム放送分)

ソヒョン初のキスシーンを収めたそうです!!✨

本人も忘れらられない作品の一つになってる
と思います。

まだ若いのにキスシーンをするって
すごく緊張しちゃいますね!!

見てても私自身がドキドキがおさまらなかった
ですッW

ソヒョンが初めて主演を務めたドラマ「リセット」
2016年07月12日から2016年07月25日で10話までで

放送されたドラマもあり幅広く演じていますが、
最も演じてるのが多かったのが少女時代の役柄が多かったですね!

やっぱり綺麗に育つとどんな役柄でもこなせちゃいますよね❤️

「怪しい家政婦」(原作:「家政婦のミタ」)
で性格のきつい女子高生
になりきったそうでクラスメートたちの
いたずらにも感情のない目つきを

表現し、
ミステリーヒューマンヒーリングドラマをこなしたそうです!

視聴者からは、性格のきつい女子高生になっても可愛い。
と、大好評でした!!

ドラマの影響で性格が変わる!?本当の性格は?

幼く父親を亡くされて、とても苦労されたと思います。

その影響も少しはあるかとは思いますが、

ソヒョンは自分で自分の性格について、
大変な状況でもポジティブにしようとすると話していました。

すごく頑張り屋さんですよね!
ですから、ドラマが2つ出演になった時でも
結構な集中力が必要になると思いますし、
忙しい時にこそ、ポジティブに乗り切れたんだろうな
と私は感じました!!

まとめ

すごく辛い過去をお持ちのソヒョンですが、
それに負けず、容姿も幼少期頃と比べると
すごく美人さんになっていて、これからのソヒョンが
またまたどう変化して行くのかすごく楽しみです✨

スポンサーリンク