ベストな水分摂取量は?水分補給の注意点と実践方法まとめ

スポンサーリンク

前回ですね、このような内容の

ベストな水分補給でダイエット&大切さ!不足するとどうなるの??
若かった頃は、喉が乾くのが 感じられたし、たくさん水やら オレンジジュースやらガブガブ 飲めていたのに、 今は、水分を取るってな...

記事を書きまして美容にも女性の悩みは

これで解決できちゃうくらいに大切で

コーヒーではだめということでとても

水は人間の体に大切で最も重要な

役割をしていると再確認していただいた

はずです!!!

とゆうことで、次は実践方法ですね!

白湯の作り方から細かな注意事項

を入れながらご説明させていただきます!

わかりやすいように、要約して

いますので、サササーッと読めちゃいますので

良かったから読んでいってくださいね♫

白湯には唯一自然のエネルギーが含まれている

水 火は、沸騰させることで火の
エネルギーが取り込ませます、
そのことによって消化促進効果得られるのです。

、ヤカンや鍋に含まれています。

、沸騰させた後にふたを取ることによって
蒸気が舞い上がり風が入ります。

、水が蒸発すると形が見えなくなりますよね?
見えないものは無限大の可能性をもつ「空」
のエネルギーなのです。

なので水というのは
大事な役割をしているのです!!

とてもすごいですよね!!
私も最近知ってびっくりしちゃいました。

白湯の作り方&飲み方&アレンジ方法

やかんや鍋に水を入れ、

強火で沸騰したらふたを取ります。

そして、丁度いい温度まで下がるまで置いて

おきましょう。

ここで注意点!!

沸騰させたお湯に早く温度を下げようと

お水を足さないでください。

さらに、一度沸騰させたものをもう一度

沸騰させるのはNGですよ!

自然界の5つの要素がなくなって

しまいます。

時間が無いときは、

電気ポットや電子レンジを使って

作ることができるので試してみましょう。

スタンダードなアレンジの仕方ですが

はちみつやしょうがなどを入れて

アレンジを加えることが可能です!

一日の水分の取り方

体内からは尿と便(平均1300mL)、

皮膚からの蒸発(平均600mL)、

呼吸(平均400mL)などで、

知らず知らずのうちに一日に

約2.3L以上の水を排出しています。

そのため、食事から補える平均水分量を

差し引くと、一日に望ましい水の

摂取量は約1.5Lになってきます。

ですので、こまめに水分補給を

していかないと

今みなさんの体の中はドロドロの

血液決定であちこちがボロボロの

お先真っ暗?!

とかにならないように今から

こまめに取るように意識して行きましょう!

今後の健康に、繋げて

いつまでも元気でいられるように

頑張っていきましょうね!!!

飲むポイント!さらに、注意点を抑えよう♫

🌟朝起きたら15分以内

ゆっくり飲みましょう!

夜のうちに溜まった毒素を流し、

消化を促してくれます。

🌟1日約1リットルは最低

飲みましょう!

一度に飲む量はコップ一杯

がベスト!!

ですけど、急激に一杯飲みすぎて

体調が悪くならないように

無理をせず、徐々に増やしていきましょう!

🌟トイレの後は水分補給を!

失ったら、取り入れることを意識づけ

流れ作業のようにトイレに行ったら必ず

飲むように心がけてみましょう♫

🌟食事前に一杯。

消化を促してくれます!

重要なことですが

意外と簡単でしょ?

それだけでも意識していけば

どんどん変わって行くでしょうし

健康的な体質に変わって行くでしょうね♪

まとめ

今回は水分補給の仕方と白湯の

作り方をレクチャーしていきましたが

皆様、これから朝起きた時でも

実践できそうでしょうか??

これは早ければ早い方がいいのはもちろん

化粧品の乳液や、化粧品、エステなど

どれだけ高い

いいものを使ったとしても一時的な

ものというのはもう、お分かりでしょう?

内からの美しさ、若々しさは

そんな生易しいもので維持できる

はずはありません!!

日々の生活習慣が体に出てきます!

なので、一緒に頑張っていきましょう。

スポンサーリンク